HOPE/ストーリー紹介、キャラクター設定、背景設定



※美崎と敦のお話は一水社から発売の女装アンソロジーで読めます

















岩永徹の部屋



 

岩永厳之介の書斎



 

達也と美崎の部屋



 

シーン設定



2011.06.26発行「少年に女装させていじめてみた」
HOPEプレストーリー
快活で明るい性格の達也と大人しく聡明な性格の徹
読書ばかりしている徹を励まそうとして女装して笑ってもらお
うと徹の部屋を訪ねる達也。そして、徹の意外な告白を受ける
「パパがいつも言うんだ…すぐに気持ちよくなるからねって」
徹の身を案じた達也は将来は二人で暮らそうと提案する
夏の暑さが過ぎ去り季節は秋を迎えようとしていた・・・


 

2013.12.31発行「HOPE-ACT.00」
(リメイク版:少年に女装させていじめてみた)
「あの子のことは忘れなさい」
優しく囁く義理の父親に関係を強制させられている徹
達也のことを想いながらも何も出来ない日々が過ぎていく
そんな中、担任に言われるままに事情を知らない達也は学校に
来ない徹の家へと赴く。放課後、夕暮れに染まる空。冷たい空
気が達也の頬を横切っていく




 

2011.10.07発行「HOPE」
達也に自分の想いを吐露した徹は達也と繋がることで
お互いの距離を縮めていた。そんな徹に惹かれていく達也
いつしか二人は相思相愛の仲となり心を通わせていく
徹の義理の父親はそんな二人の間に快楽と苦痛を与えることで
介入しようとしていた

 

2011.12.31発行「HOPE-ACT.02」
隣に引っ越してきた龍ヶ崎達也。その眼差しに惹かれる徹
幼い頃の思い出・・・徹の想いはいつしか義理の父を遠ざけ
ていた。性と欲望にまみれた長い夜が明け、新しい朝が二人
を迎えようとしている

 

2012.08.12発行「HOPE-side story-」
HOPEシリーズ番外編
夏休み、放課後の教室で一人エッチを見られた徹は
担任教師から「おしおき」を受けることになる
イケナイと思いながらもおねだりをしてしまう徹に背徳と
抑えきれない欲望の気持ちが芽生えていく

 

2013.03.17発行「HOPE-ACT.03」
達也と徹・・・近い存在、だけど遠い・・・
夕暮れの帰り道、部活があるからしばらく会えないという
達也の言葉に徹の心は少しだけ切なくなる。達也と会えな
い間の性的欲求は抑えが効かなくなり、とうとう義理の父
親に求めてしまう。そして、達也も快楽に目覚めはじめて
しまう

 

2013.08.11発行「HOPE-ACT.04」
親友、徹の義理父から受けた快楽が忘れられない達也は
学校の屋上で淫らな行為を求める。そんな達也に
「君が本当に望んでいるなら・・・」
そう囁き、ある提案を持ちかける。夜の公園、女装した
徹と達也。複数の男達に囲まれ何度も突かれ射精する二
人は義理父の思惑通り快楽の虜となっていく

 

2015.12.31発行「HOPE-ACT.05」
情事の後、屋上で自分の気持ちを親友、達也に吐露する徹
その横顔には翳りが見えた
徹に手を出さないことを条件に義理父の成すがまま快楽に
身を委ねる達也は自分の中に芽生えた感情を受け入れられ
ず雨の中泣き崩れる―――・・・

 

2016.05.03発行「HOPE-side story02-」
新米社会人の主人公
通勤途中で気になっていた岩永徹を眠らせて自宅へ連れ込み
以前から気になっていた催眠オナニーを実行する
無意識の中で媚薬を飲まされ、現実でも少しずつ感度を高め
られていく徹。触手責めによる大量射精の末に目覚めるが待
っていたのは親友との逢瀬をネタに脅され無理矢理関係を持
たされ快楽へ堕ちていく現実だった

 

2017.11.11発行「HOPE-side story03-」
新米社会人、桜井としあき再び ―――・・・
岩永徹の情報を桜井に握らせた担任教師と共に達也も加えて
更なる催眠の世界へ誘っていく。桜井のズバ抜けて高い性欲
を目の当たりにし「好きなときにコンタクトしていい」と、
名刺を手渡す。そこには徹の義理父の名前が代表として
記されていた